モバイル端末・アプリ

GPSを搭載していないiPad(Wi-Fiモデル)でRTHは正常に作動するのか【DJIドローン】

先日、中古でiPad mini4のWi-Fiモデルを購入しました。理由はドローンのモニターとして使用するためです。

しかしWi-FiモデルはGPSが搭載されておらず、地図アプリ等を使用するにはWi-Fiに接続する必要があります。

なのでWi-Fi環境のない屋外でドローンを飛ばすとなると、飛行は問題なくできますが地図の使用はできないんです。

そこで。

sawa
sawa
この状態でRTHって作動するのかな?

こんな疑問が生まれたので、さっそく試してきました!

この記事がおすすめな人
  • ドローン用モニターにWi-FiモデルのiPadを使用したい
  • ネット環境がない状態でRTHは使えるか知りたい
  • ネット環境ありなしでRTHの精度に違いがあるのか知りたい

▼RTHについて知りたい方はこちら!

【RTH(リターン・トゥ・ホーム)とは】ドローンの自動帰還システムについて世界シェアNo.1のドローンメーカー、DJIのドローンにはRTH(リターン・トゥ・ホーム)という自動帰還システムが搭載されています。本記事ではRTHとはどんな機能なのか、作動パターンや帰還方法の違いについて解説しています。ドローンユーザーは必見ですよ!...

Wi-FiモデルのiPadでRTHはきちんと作動するのだろうか

購入したiPad mini4を持ってさっそく屋外で飛ばしてみました。ちなみに機種はDJIのMavic2Proです。

チェックしたいポイントは、

  • 機体接続時にホームポイントはちゃんと更新されるか
  • RTHは正常に作動するか
  • スマホ(iPhone)をモニターにしたときと同じ位置に着陸するか

sawa
sawa
どんだけWi-Fiモデルに疑惑の目を向けるんだ!笑

飛ばしてみた

機体、送信機、iPadを接続してしばらくすると、

「ホームポイントが更新されました」と聞こえてきました。

sawa
sawa
いつも通りの変なイントネーション!笑

よってポイント1つ目”ホームポイントの更新はできるのか”はクリア!

そしていよいよRTHを試します。とりあえず離陸させ、高度20mくらいでバビューンと遠くにドローンを飛ばします。

あ、この時しっかり周囲に障害物がないか確認して、RTHの高度を30mに設定した上で飛ばしてますからね!

そしていよいよ。画面タップでRTHを起動します。

sawa
sawa
……。

sawa
sawa
…………。

sawa
sawa
いつも通り戻ってきた

設定していた高度30mまで一旦上昇したあと、迷うことなくこちらへ戻ってきてホームポイントに着陸しました。

なので2つ目のポイント”RTHは正常に作動するか”もクリア!問題なく自動帰還してくれました!

そして3つ目のポイント。

”スマホ(iPhone)をモニターにしたときと同じ位置に着陸するか”、です。

Wi-Fi環境のあるなしでRTHの精度に差はあるのでしょうか。

はやる気持ちを抑えてモニターをiPadからiPhoneに交換し、先程と同じRTH設定にして、同じ場所から離陸させます。

常時ネットが繋がっていてGPSも搭載しているiPhoneと、ネット環境のないWi-FiモデルのiPad。果たして精度の誤差は生まれるのでしょうか。

いざ、勝負!

sawa
sawa
……。

sawa
sawa
…………。

sawa
sawa
Wi-FiモデルのiPadでやったRTHとほぼ同じ場所に戻ってきた

誤差はほんの2〜3cmくらいでしょうか。これはほぼ「誤差なし」と言ってもいいのでは?

ということで、疑惑の3つ全てオールクリア!

GPSを搭載していないWi-FiモデルのiPadでもRTHは正常に作動する、という結果になりました。

機体と送信機でやりとりしてるから大丈夫、って話

GPS未搭載、って言葉にビビってこんな検証をしましたが、要はiPadに地図を使う能力がないってだけのことで。

機体はしっかりGPSを受信しているし、送信機や操縦アプリと正常にやりとりを行えているからRTHは問題なく作動したってワケです。

もしどうしても地図を確認しながらの飛行がしたい場合はテザリングかポケットWi-Fiの使用が必要です。

それかセルラーモデルのモバイル端末買うか、スマホ使うか、ですね!

▼Wi-Fiモデルかセルラーモデルかでお悩みの方はこちらをどうぞ!

タブレット端末はセルラーモデルとWi-Fiモデルどっちを選ぶべき?〈DJIドローン〉ドローンのモニターにタブレット端末の導入を検討している方、多いと思います。そこで悩むのが「セルラーモデルとWi-Fiモデルどちらを選べばいいか」です。ドローンで使用する場合、果たしてどちらのモデルを選べばいいのでしょうか。本記事で詳しく解説します!...

これを機に、タブレット端末に疑惑の目を向けるのはやめようと思います。笑

ではまた!

空撮のご依頼はこちら

DroneGagaはアウトドアフィールドでの空撮実績が多数あります。
地域の自然や風景をPRしたり。環境保全や調査に活用したり。DroneGagaの空撮はアウトドアフィールドでの撮影や活動をサポートいたします。

空撮を依頼する

空撮料金について

RELATED POST