雑記

ドローン飛行アプリ『DJI Fly』の動画編集機能がめっちゃいいことに今更気づいた

こんにちは!sawa@sawasan33333です!

先日、初めてMavicAir2を操縦したんです。

【MavicAir2】軽い気持ちで操縦したMavicAir2がマジでヤバかったこんにちは!sawa(@sawasan33333)です! 先日、はじめてMavicAir2を操縦したんです。(上の写真はMavic...

いつもはPCで動画編集するんだけど、今回初めて、そのまま飛行アプリ『DJI Fly』で編集してみたんですよ。

……まぁ使いやすいこと!びっくり!

「ここはイマイチだなぁ」と思うところもあったけど、『DJI Fly』、かなり使えるアプリですぞ!

ドローン飛行アプリ『DJI Fly』とは

DJIのドローンは基本、スマホやタブレットを使用します。その際、専用のアプリケーション(飛行アプリ)をダウンロードする必要があります。

このアプリを使ってドローンを飛ばす仕組みなんですね〜!

さらにこの飛行アプリ、ほとんどが機体の操作補助機能はもちろん、動画編集機能も備わっているんです!

『DJI Fly』は、そんなアプリの一つです。

アプリによって対応機種が異なります!

例)
『DJI Fly』=MavicAir2、MavicMini、DJI Mini2

『DJI GO4』=Mavic2/MavicAir/MavicPro/Spark/Phantom4Pro V2.0 /Phantom4Pro/Phantom4Advanced/Phantom4/Inspire 2

私はかねてよりMavicMiniを持っているので『DJI Fly』アプリを使用することは多々あったのだけど、操縦の際に使用するだけで動画編集はPCでやってました。

なぜなら、Mavic2Pro対応の飛行アプリ『DJI GO4』で動画編集を試みた際、やりづらさと言うか、私にはアプリでの編集はあわないなぁ……と感じたから。

しかし今回。MavicAir2を初めて操縦したついでに、ふと「このままアプリで動画編集してみよっかな〜」と軽いノリで思ったんです。

やってみて思ったのが、

もっと早くこのアプリを活用すればよかった!です。

『DJI GO4』と仕様が違ってて、私には『DJI Fly』での動画編集があってたみたい。

それに、『DJI Fly』は各SNSへのアップも簡単にできちゃいます!

アプリ一つでドローン操縦から動画編集、各SNSへのアップまでできちゃうって万能すぎてやばくない!?

すごい時代になったもんだ……。笑

『DJI Fly』での動画編集は超簡単!

『DJI Fly』の動画編集機能は2パターンあります。

  • 自動で編集……「テンプレート」モード
  • 自分で加工や編集を行う……「プロ」モード

テンプレートモードもプロモードも、どっちも簡単に動画編集を行えますぞ!

テンプレートモード

自動で編集してくれるテンプレートモードは、テンプレートと動画を選択するだけで1本の動画ができあがります。

たったこれだけ。超簡単でしょ?

アプリの方でいい感じに動画をカット、加工、編集してくれるんだから人間は何もしなくてOK!

動画編集初心者でもプロ並みの映像が作れちゃう便利なモードです!

プロモード

プロモードは自分で動画クリップのカット、加工、BGM選択、スピード調整などなど、PCの編集ソフトのような機能を使って編集することができます。

テンプレートモードは超簡単で便利な反面、細かい部分の編集はできません。それに比べてプロモードはオリジナリティ溢れる自分だけの動画を作ることができます!

しかも「簡単に」です!

プロモード、という言葉のせいで難易度高く感じますが、実際にやってみるとものすごく簡単に編集を行うことができるんです。

画面操作が直感的というか、普段スマホやタブレットを使われている方は全く問題ないかと。同じ感じの操作感です!

空撮データだけじゃない!万能な動画編集機能

『DJI Fly』は空撮データしか編集できないわけではございやせん!

アプリ内の選択画面から、スマホやタブレットに入っている動画データを選択することもできます。

なので地上で撮影した動画も加えることができるし、ふつーの”動画編集アプリ”としても使用できちゃうってワケ!

〜iphoneの場合〜

やり方は簡単。動画を選択する画面で、上の”DJI Fly”をタップします。

すると、スマホもしくはタブレット内の写真・動画データが選択できるようになります!

選択したら画面右上の”追加”をタップすることで、通常の編集画面になります!

とっても万能な『DJI Fly』。私の場合、SNSにアップする短い動画は『DJI Fly』でささっと作ってアップしていこうと思ってます。

長い動画や本気の動画はPCで。簡易的なのはスマホで(アプリで)。こんな感じで使い分けることで効率化をはかれるのでおすすめです!

『DJI Fly』アプリの残念なポイント

こんなに万能なアプリですが、一つだけ残念なポイントがあります。

それは、動画のフェードアウトができない、です。

動画のフェードイン・フェードアウトは音量調節の画面で設定することができます。

なのに、フェードアウトができないんですよ。

なぜなら……

音量調節のスライドバーとめっちゃかぶってるー!笑

これ、何度挑戦しても100%の確率で音量がゼロになります。笑

動画の最後って、いきなり終わるんじゃなくてスーッ、って終わっていきたいじゃん!フェードアウトしたいじゃあん!

フェードインは問題なく設定できるのに……本当に残念なポイントです。

でも。『DJI Fly』アプリは無料で使うことができるので、それを踏まえると「無料でここまで使える優秀なアプリ」と呼んでいいと思います!

『DJI Fly』アプリを使いこなして動画編集を楽しもう

『DJI Fly』アプリを使えば、誰もが簡単に空撮動画を作ることができます。

ちなみに、私がささっと作った動画はコチラ。(プロモードで編集)

めっちゃ簡単に作れましたよこの動画!まぁ、先述したとおりフェードアウトできないんで最後バツっと終わってますけど。笑

MavicAir2、MavicMini、DJI Mini2を使用する場合は必ず使うアプリなので、これらのドローンを持っている方にはぜひアプリで動画編集もやってみてほしい!

きっと、よりドローン撮影が楽しくなりますよ♬

ではまた!

空撮のご依頼はこちら

DroneGagaはアウトドアフィールドでの空撮実績が多数あります。
地域の自然や風景をPRしたり。環境保全や調査に活用したり。DroneGagaの空撮はアウトドアフィールドでの撮影や活動をサポートいたします。

空撮を依頼する

空撮料金について

RELATED POST