飛行ルール・法律

【ドローン新制度について】機体登録制度 / リモートID / 免許制度 / 航空法改正など

2022年現在、ドローンを取り巻く環境は大きく変わり始めています。

sawa
sawa
レベル4の実現を最終目標として、様々な法整備が進んでいるんです!

今、日本国内では物流や各種点検等でドローンの更なる活用を目指しており、そのためには有人地帯での目視外飛行が必要になります。

この”有人地帯での目視外飛行”レベル4飛行に位置付けられています。

これはあくまで最終目標であって、これからはじまっていくドローンの新制度には他にも様々な背景があります。

  • ドローン事故や違反の増加をうけて、機体所有者の特定や事故原因究明のため
  • ドローン人口の増加による国土交通省の許可承認申請業務の負担増を減らすため
  • ドローン飛行の取り締まり強化

このページでは、ドローンの新しい制度についての記事を随時追加していきます。

機体登録制度がスタート

新制度の第一歩として、今年の6月20日より機体登録制度がスタートします。

事前登録受付はすでにはじまっています。ドローンユーザーは6月までに事前登録することをおすすめします。

▼なぜ事前登録するべきなのか

無人航空機の機体登録制度について【事前登録/リモートID免除/申請方法】航空法改正により2022年6月20日から『機体登録制度』がスタートし、無人航空機の登録が義務化されます。 機体登録制度のポ...
リモートIDってなに?2022年6月20日より搭載義務化【100g以上の無人航空機が対象】2022年6月20日から『機体登録制度』がスタートし、無人航空機の機体登録が義務化されます。 それに付随して、機体登録する無人航空...

今後は免許制度もはじまる予定です。

新しい情報が入り次第、当サイトもしくはTwitterで更新していきます。

sawa
sawa
どちらもぜひチェックしてくださいね!

ではまた!

空撮のご依頼はこちら

DroneGagaはアウトドアフィールドでの空撮実績が多数あります。
地域の自然や風景をPRしたり。環境保全や調査に活用したり。DroneGagaの空撮はアウトドアフィールドでの撮影や活動をサポートいたします。

空撮を依頼する

空撮料金について

RELATED POST