飛行ルール・法律

【ドローン規制】よく聞く「高度150m以上」ってどこからどこまでの高さなの?

ドローンをやってると「高度150m以上」って言葉、よく聞きますよね。

この「高度150m以上」とは、航空法によるドローン規制で登場する言葉です。

航空法において、200g以上のドローン(無人航空機)は高度150m以上での飛行が禁止されています。

飛行させるには国土交通大臣の許可を得る必要があります。

【航空法】ドローン飛行で許可・承認が必要な13例をまとめたよ〈飛行ルール〉こんにちは!sawa(@sawasan33333)です! ドローンを自由に飛ばして空撮を楽しみたい人、たっくさんいることでしょう。...

簡単なルールじゃん。高度150m以上はダメで、高度150m未満であれば許可なくドローン飛ばしてOKなんでしょ?……と思いますよねぇ。

しかーし!簡単だけど簡単じゃないんです!

さっきから言ってる”高度150m”どこからどこまでの高度を指すのか知ってますか?

知らずにドローン飛ばしていると、気づかないうちに航空法違反を犯してしまう可能性があるんです!

※200g以下のドローン(模型航空機)は原則250m/場所によっては150m以上が飛行禁止です。

MavicMini等の200g以下のドローンに関係する航空法規制についてはこちらをどうぞ!

【MavicMiniも規制対象】200g未満のドローンが対象となる航空法規制の内容DJIの新モデル”MavicMini”の発売によってかなり関心を集めているのがこれ。 「200g以下のドローンって規制なく自由に飛...

ドローンの高度= 地表から機体までの高さ

出典:国土交通省HP

航空法のドローン規制における高度が何を指すのかというと、

地面から機体までの高さ

です!

要は”対地高度”ですね。

飛行している機体直下から地面までの高さを対地高度と言います。

なので、海抜0mからドローンを飛ばしたら149mまで飛行OKだし、標高2000mの山の山頂からドローンを飛ばしたら2149mまで飛行OK、ってことです

しかし。これは真上(垂直)に飛ばした場合に限りますぞ!

離陸地点から広範囲にわたってドローンを飛行させる場合は、ちょいと事情がかわってきます。

高度150m以上の罠!そのままブーンと飛ばすと航空法違反に!

みなさん。2時間ドラマの帝王、船越英一郎さんを思い浮かべてください。

例えば、みなさんが船越英一郎さん的な感じで海沿いの断崖絶壁にいるとします。高さ150mの断崖絶壁です。

そこで犯人を説得しながらドローンを離陸させます。笑

離陸後、そのまま10mの高さまで上昇させます。

このとき、ドローンの高度は10mですよね。

では、そこから高さはそのままで前進して崖の向こう側、海上へドローンを移動させた場合。高度は何mになるでしょうか。

高さ変わってないから10mって答えた人。ぶっぶー、です。

正解は160mですぞ。

離陸して上昇した10m+崖の高さ150m=160m、となります。

そしてこの160mという高度は、事前に飛行計画を立てる段階でしっかり調べて把握しておかなければなりません。

「え、送信機に高度表示されるから楽勝じゃね?」

と思ったそこのあなた(私も最初はそう思った)。

楽勝どころか、それ、間違ってますよ!

送信機(プロポ)の高度表示は対地高度ではない

注意したいのが、送信機(プロポ)の高度表示は地表からの高度ではない、ということです。

送信機の高度表示は離陸地点からの高度になります!

なのでさっきの例で言うと、崖の向こう側へドローンを飛ばして実質的な高度が160mになったとしても、送信機の高度表示は10mのままになります。

送信機の高度表示だけを頼りにしてドローンを飛行させるのは、高度150mを無視した飛行を行う可能性を高めてしまうのです。

じゃあどうするか?

事前に飛行計画を立てる段階で、飛行の予想高度を算出するほかありません。

心配性の私にはこの作業がしんどくてたまらない。笑

「ここはどう?」「このラインで大丈夫?」ってやってたらキリがないんだよねぇ……。

近年、ドローンの発展スピードはものすごいので「近々、対地高度も表示されるような機能を搭載したドローンが世に出てくるんじゃないか」なんて個人的に期待してます(願ってます)。

特に注意が必要な飛行場所

出典:国土交通省HP

注意が必要な飛行場所はこんな場所。

  • 断崖絶壁の海沿いや山の山頂など、起伏の激しい場所での飛行
  • ビルの屋上など、高い建物からの飛行

いきなり地面がガクッと落ちる場所は注意が必要ですね!

このような場所でドローンを飛行させるとなったら。私の場合は国土地理院の地形図を利用して高度を算出するか、専用のアプリに高度を出してもらいます。

現代ってほんとに便利な世の中で、ドローン飛行の高度をシュミレーションできるアプリがあるんだよ!すごい!

アプリの紹介は後日アップしますね!

空を自由に飛べるのは鳥さんだけ!

200g以上のドローンが飛行可能とされている空域は高度150m未満だし、飛行機が飛行可能な最低高度は150mと定められているし、有人のヘリコプターも高度150m以上で飛行(人口密集地区では300m以上)と定められてます。

目には見えないので一見無法地帯に見える空ですが、航空法によって様々な空域に区別され管理されています。

空は自由なようで不自由なんです。

自由に飛べるのは鳥さんぐらいです。あぁ、鳥になりたい……。笑

でもね。せっかく空撮を行うなら、高度出して撮影したいのが本音。せっかくドローン飛ばすなら、はるか上空からの絶景を撮りたいじゃん!

絶対に飛ばせないワケではないのでね。しっかりと事前に飛行範囲と飛行高度を調べて、必要であれば許可を得ればOK(面倒だけど)。

めげずに空撮していきましょうね!笑

ではまた!

空撮のご依頼はこちら

DroneGagaはアウトドアフィールドでの空撮実績が多数あります。
地域の自然や風景をPRしたり。環境保全や調査に活用したり。DroneGagaの空撮はアウトドアフィールドでの撮影や活動をサポートいたします。

空撮を依頼する

空撮料金について

RELATED POST