各機種・モデル

ドローン操縦練習にピッタリ!Holy Stone「HS210」で操縦テクを鍛えよう!〈レビュー〉

ドローンの操縦はやればやるほど上達します。

しかし、気軽に飛ばせる場所がないのも事実。どうやって練習すればいいんだ……と悩む人も多いと思います。

そこでおすすめしたいのがトイドローンを使った操縦練習です。

sawa
sawa
トイドローンは室内で思い立った時にすぐ飛ばせるので、天気に左右されず気軽に練習できますよ!

また、室内は航空法が適用外なため、法令によるドローンルールを気にせずに飛行できます。

トイドローンの機種は多く市場に出回っていますが、私がおすすめしているのはHoly StoneというメーカーのHS210というミニドローンです。

今日はこのHolyStone HS210についてご紹介していきます!

 

Holy Stoneとは

HolyStoneは中国に拠点をおくメーカーで、日本市場では主にトイドローンを販促展開しています。

sawa
sawa
AmazonでHoly Stoneと検索するとたくさん出てきますよ!

トイドローンは多くのメーカーから発売されていますが、その中でもHoly Stoneのドローンはコスパが優れているメーカー、という印象です。

またHoly Stoneは購入後のサポートが充実しており、それらも含め高い評価を得ているメーカーです。

Holy Stoneからはかなりの数のドローンが発売されていますが、私が室内での操縦練習におすすめしているのがHS210というミニドローンです。

Holy Stone HS210の基本スペック

重量 20g
伝送距離 50m
飛行時間 約7分(バッテリー1本につき)
バッテリー 3.7V 220mAh
操縦モード モード1/モード2 選択可能
機体サイズ 80×80×30mm
画質 カメラなし

とても小さいドローンですが、技適マーク取得済みで安心して使用できるドローンです。

▼技適マークについてはこちらのページで説明しています

【電波法とドローン】違反しないために電波法のルールを知ろう!こんにちは!sawa(@sawasan33333)です! ドローンに関係する法律といえば”航空法”を思い浮かべる方が多いと思います...

飛行の安定性がありながらもAモードでの操縦をしているようなスティック操作が求められるので、とても練習になります。

▼Aモードについてはこちらのページで説明しています

【ドローン操縦】ATTIモード(Aモード)について〈練習するときの注意点〉こんにちは!sawa(@sawasan33333」)です! 先日、Phantom4を使ってATTIモードで操縦練習したんですよ。 ...

カメラ機能は非搭載なので撮影練習はできません。あくまで”操縦練習に適したドローン”になります。

Holy Stone HS210の良いポイント

安定したホバリング

Amazon.co.jpより

トイドローンといえば離陸した瞬間から不安定なものが多い印象がありますが、HS210はしっかり離陸して安定したホバリングが可能です。

とはいえ、DJIドローンのような「ピタッと止まるホバリング」はできません。若干流されます。

しかしここがHS210の良いところ。この少し不安定なところがAモードでの操縦をしているようで本当に練習になります!

sawa
sawa
Aモードでの操縦練習は機種も場所も選ぶため、気軽にできるものではありません。
【ドローン操縦】ATTIモード(Aモード)について〈練習するときの注意点〉こんにちは!sawa(@sawasan33333」)です! 先日、Phantom4を使ってATTIモードで操縦練習したんですよ。 ...

安全設計

Amazon.co.jpより

360°プロペラガードにより、室内でも安心して使用できる設計になっています。

sawa
sawa
小さいお子さんがいるご家庭でも安心して飛行できますね!

飛行時間最大21分

Amazon.co.jpより

HS210はバッテリーが3つ付属します。

1本で約7分の飛行が可能なので、3つ合わせて21分の飛行が可能です。

しかし、ドローンに使用されているリポバッテリーは過放電を避けなくてはなりません。

sawa
sawa
つまり、充電がすっからかんになるまで飛行させてはダメ、ということです!

なので目安として1本5〜6分で考えるようにしましょう。

リポバッテリーの特徴・取り扱い方法・注意点〈インテリジェントフライトバッテリー〉ドローンには『リポバッテリー』という種類のバッテリーが使用されています。 リポバッテリーは小型でありながら大容量・パワフルな出力で...

モード選択が可能

Amazon.co.jpより

ドローンにはモード1/モード2という操縦モードがあり、どちらを選択するかで送信機のスティック操作が異なります。

HS210もモード選択が可能なので、どちらのモードの人も操縦練習が可能です。

また、本格的なドローンを購入する前の練習用としても適しています。

3Dフリップモード

Amazon.co.jpより

操縦練習だけだと飽きる……、という方はこのフリップモードで遊んでみましょう!

sawa
sawa
360°宙返りができるので、お子さんと遊ぶのも面白いですよ。

Holy Stone HS210のイマイチなところ

実際に使用してイマイチだなぁと感じたところがあります。

バッテリーが外しづらい

HS210のバッテリーが機体・充電器共に非常に外しづらいです。

このコネクタの部分が本当に外しづらい。

充電器も同様のコネクタです。

sawa
sawa
深爪した日はアウトです!笑

充電時は人による監視が必要

リポバッテリーの基本的な特性として、充電が満タンになってもそのまま充電をし続ける、という特性があります。

リポバッテリーの過充電は発火のトリガーとなる大変危険な行為です。そのため、満充電になったら充電器から取り外さなくてはなりません。

なので充電時は人の目で状況を確認する必要があります。

リポバッテリーの特徴・取り扱い方法・注意点〈インテリジェントフライトバッテリー〉ドローンには『リポバッテリー』という種類のバッテリーが使用されています。 リポバッテリーは小型でありながら大容量・パワフルな出力で...

HS210のリポバッテリーはUSB充電になります。

私はいつもPCに繋いで充電を行い、デスクワークをしながら充電を監視しています。

満充電になると赤いLEDランプが点くので、すぐに外します。

二週間以上使用しない場合は、満充電の状態から2分ほど飛行させてから保管します。

(リポバッテリーの長期保管はバッテリー残量40〜60%が基本です)

トイドローンで操縦技術を磨こう

HolyStoneはご紹介したHS210だけでなく、本当にたくさんのドローンを世に送り出しています。

コスパに優れた機体ばかりなので、いろいろと試しながら操縦練習をしていくのも面白いですね!

▼こちらから購入できます!


ではまた!

【2022年最新】人気ドローンメーカーとおすすめの機種について近年、一気に普及し身近なものとなったドローン。本記事では主に空撮に特化したドローンやトイドローンなど、コンシューマー向けの人気ドローンメーカー・各人気モデルをご紹介しています。2022年最新の人気メーカーを把握したい方は必見です!...
空撮のご依頼はこちら

DroneGagaはアウトドアフィールドでの空撮実績が多数あります。
地域の自然や風景をPRしたり。環境保全や調査に活用したり。DroneGagaの空撮はアウトドアフィールドでの撮影や活動をサポートいたします。

空撮を依頼する

空撮料金について

RELATED POST