空撮レポート

【ドローン空撮】秋田駒ヶ岳で撮影してきました!

先日、花の百名山にも選定されている人気の山『秋田駒ヶ岳』で空撮してきました!

花の百名山とはいうものの、この時期の秋田駒ヶ岳は花のピークが去って秋の花がちらほら咲いているだけ&草紅葉のはじまり、といった感じ。

なので登山客は少なめ。ドローン撮影にはもってこいの時期ですね!笑

秋田駒ヶ岳とは

秋田駒ヶ岳は秋田県と岩手県にまたがる標高1637mの山です。

標高こそ高くはないものの、シーズンにはたくさんの高山植物が咲き乱れ、『花の百名山』としてとても人気のある山です。

八合目までバスや自家用車で行けるのも人気の一つ。北アルプス3000m級の山々に咲くお花を手軽に楽しめるってんだから、そりゃあ人気でるでしょうねぇ。

人気があるゆえにドローンによる撮影は簡単ではありませんが、時期や時間帯を選んで人がいない瞬間を狙います!

誰もいない男岳山頂

この日は日の出とともに登り、男岳山頂で空撮をしました。他の登山客はおらず、男岳山頂貸切状態!ひゃっほー!

それにしても朝日に照らされながらの登山は本当に気持ちがいいです。パワーがみなぎります。身体中の血がグラグラしてくる的な?

そしてこの日は大当たり!お目当ての雲海がモッコモコでした。岩手山も頭をひょっこりと出しています!

早朝に2時間ほど撮影して下山しました。楽しかった〜!

登山でのドローン飛行は入林届が必要!

「登山でドローン持って行って空撮したい!」

そう思う人多いと思います。しかーし!注意が必要ですよ!

登山においての空撮は”国有林での空撮”となるので、入林届の提出が必要となります!

ドローン飛行における入林届は管轄の森林管理局へ提出します。それぞれのHPに詳しく記載があるので要チェック。

〈全国の森林管理局〉
国有林への入林>国有林野内で無人航空機(ドローン・ラジコン機等)を飛行させる場合

これだけではなく、もちろん航空法も遵守しなくてはなりません。必要であれば許可・承認を取得して空撮に臨みましょう!

(せっかく許可・承認をゲットしても当日天候悪くて飛ばせない……なんてザラです。笑)

また、秋田駒ヶ岳は国立公園に属するので、ドローン飛行が可能か確認を取りましょう!

秋田駒ヶ岳が属する十和田八幡平国立公園の場合は東北地方環境事務所が問い合わせ先になっています。

しっかりルールを守って楽しく空撮できる世の中をみんなで作っていきましょう!

ではまた!

空撮のご依頼はこちら

DroneGagaはアウトドアフィールドでの空撮実績が多数あります。
地域の自然や風景をPRしたり。環境保全や調査に活用したり。DroneGagaの空撮はアウトドアフィールドでの撮影や活動をサポートいたします。

空撮を依頼する

空撮料金について